理事長紹介

理事長 常田 幸斉(つねだ ゆきなり)

理事長 常田 幸斉

  • 富山県 生まれ
  • 1991年
    日本大学松戸歯学部 卒業
  • 1995年
    日本大学大学院 修了
  • 1997年
    高根公団歯科クリニック 開設
  • 1997年
    西馬橋歯科クリニック 開設
  • 2004年
    ビビットスクエア歯科 開設
  • 2011年
    馬橋駅デンタルオフィス 開設

【学会 他】

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本保存学会
  • 日本接着歯学会

理事長インタビュー

開業に至るまで

歯科医師を目指されたきっかけはどのようなものだったのですか。

父は医療とは関係ない仕事をしております。そこへ、歯科医師の親戚から歯学部を勧められ、挑戦してみようと思いました。

勤務先に大学付属病院を選ばれた理由はどんなことだったのでしょうか。

学問を突き詰めるというアカデミックな環境に惹かれたからです。教室は保存領域を選びました。保存領域は一般治療の中で核となります。将来的にはインプラントをやりたいと思っていましたが、インプラントはいわば総合格闘技なのです。外科や補綴、歯周病といった基礎や多くの知識を有したうえで取り組むべきことですので、基礎をしっかり学べるのは良かったですね。学位を取得するという目標を持って頑張りました。

開業しようと決断されたいきさつはどんなことだったのでしょう。

大学病院で最先端の治療法を学んできましたので、それを活かしつつ、自分の理想の歯科医療を行おうと考えました。大学はどうしても分野別に細分化しがちになりますが、開業医はトータルに診ることができる強みがあり、私もチャレンジしてみようと思いました。

インプラントには開業当初から積極的だったのですか。

学位は保存領域で取得しましたが、インプラントにも興味を持ち行っており、さらに、若手医師の教育の場にしようと、第一人者の先生方と研究会を立ち上げました。日本口腔インプラント学会公認の専門医取得100時間コースの主宰者の一人として、今もお手伝いしています。

経営理念

経営理念をお聞かせください。

利潤を追求することよりも、患者さんと長くお付き合いをしていきたいと願っています。そこでケアを重視しています。

日本は今がマックスの状態で、これからは経済規模が縮小していくのではないかと予想しています。そんな中で歯科医院が存続していくためには地域に溶け込んでいく姿勢が大切です。 

尊敬している経済人は土光敏夫さんです。明治の日本人らしい気骨があり、謹厳実直な人柄や改革に立ち向かう行動力に憧れます。

診療方針

診療方針をお聞かせください。

医科のように、歯科も専門性が細分化していく時代になりつつあります。

私どもでは常に最先端医療に目を向け、より多くの症例に対応できるように、それぞれの専門分野の歯科医師が勤務しています。

平日は夜9時まで診療し、保険診療を中心に、地域に密着した最善の治療を行っています。また、なるべく削らない治療、治療跡が目立たない工夫をしています。

インプラント治療をきちんと行えることも特徴です。最近はインプラント治療でのトラブルが多くなってきました。他院でトラブルに巻き込まれ、私どもにいらっしゃる患者さんも少なくありません。

私どもではインプラントに限らず、患者さんに丁寧に説明し、納得をしていただいたうえで治療を始めています。また、障害者歯科診療のボランティアもずっと続けています。

増患対策

どのような増患対策を行っていらっしゃいますか。

ホームページやリコールの葉書のほかは駅構内の看板ですね。

西馬橋歯科クリニックと馬橋駅デンタルオフィスは馬橋駅、高根公団歯科クリニックは高根公団駅、ビビットスクエア歯科はJR京葉線の南船橋駅と京成本線の船橋競馬場駅に出しています。

南船橋駅の看板はららぽーとTOKYO-BAYの看板と隣り合っており、面映ゆいです(笑)。

電信柱の広告は幹線道路から入っていく場所や住宅街では道案内として有効ですが、広告としては目に入りにくく、費用対効果は高くありません。私どもは立地にこだわっていますので、電柱広告に頼らないで済む利点もあります。

口コミは依然として有効ですよ。私は教科書に書いてある知識にプラスして自分で考え付いた方法での親知らずの抜歯が得意なのですが、親知らずは口コミでの来院が最も多いです。 若い患者さんを増やしていくためにはホームページの充実が今後の課題ですね。

スタッフ教育

スタッフ教育について、お聞かせください。

大学にも教えに行っていますし、教育には積極的に取り組んでいます。

最近の若い歯科医師はすぐにインプラントを始めたがりますが、インプラントの前に基礎力を付けることが大事です。外科の知識を得て、補綴、歯周病など、あらゆる基礎を学んでおかないといけません。

私としては原石を磨いてダイヤモンドにしていくような気持ちで、教育にあたっています。講習会、勉強会にも参加を勧めています。私自身が講習会好きですので、皆も好きになっていくようですね(笑)。

費用は負担しています。 オンとオフはしっかり区別することをモットーとしています。

歯科衛生士教育についてはいかがでしょうか。

歯科衛生士だけで独自の勉強会を行っています。意欲的なスタッフが揃っているので、新しく入ってきたスタッフも熱心に勉強するようになりますね。先日は台風が来ているのにも関わらず、皆で勉強会を続けていましたよ(笑)。歯科衛生士にも外部の講習会の受講を勧めており、歯科衛生士の場合は私どもで全額を負担しています。

そのほかの歯科アシスタントや事務スタッフにはどのような教育をしていらっしゃいますか。

ミーティングを頻繁に開催し、常に知識を吸収してもらっています。「受付なのに、そこまでの知識が必要なのか」という疑問の声も最初は上がりましたが、患者さんからのちょっとした質問に対し、「お待ちください」と言って歯科衛生士や歯科医師のところに来なくても、受付のスタッフがすぐに答えることができるのであれば、患者さんはお待ちにならずに済みます。私も患者さんから「こちらの受付の方は知識が豊富ですね」とお誉めに預かることもありますよ。

 
医院のご紹介
診療の流れ

新着情報

◯年◯月◯日
ホームページをリニューアルしました。
◯年◯月◯日
ホームページをリニューアルしました。

営業時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 9:30~12:00
午後 13:30~17:00
△:●●日は16:00まで

休診日

木曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

03-0000-0000
お問合せフォーム
ご予約フォーム

アクセス

03-0000-0000
住所

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1

アクセス

地下鉄大手町駅 徒歩10分

医院情報・アクセス
問合せフォーム
予約フォーム